TEL : 0853-23-9381
  • 1970.01.01/現場報告日記 

    建物の強度に関わる部分

    屋根の加重を受ける柱(黄色の矢印)の下には、同じ位置にまた別の柱(赤の矢印)で加重を受けています。

    上の柱(黄色)と下の柱(赤)が一直線になることで強度(耐震)は増します。間取りを考える際に構造的なことや柱の位置も考えながら検討していかないとなりません。壁(耐力壁)で耐震強度も上げていきますが、柱の位置、強度(太さ)も考えながら、快適で安全な空間を作り出していきます。