株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • 秋晴れスタッフ時々日記2018.09.23

    昨日は市内では一斉に小学校の運動会が開催されていたようです。天候が心配されましたが無事に開催でき良かったですね。本日も秋晴れ。施工中の現場では弊社のイメージシートが道行く人に、どんな暮らしが待っているか語りかけています。家の性能よりもこれからの新居でどんな物語が待っているのか、そのストーリーを語っています。新しい家では金魚を飼いたいな、夜、部屋の灯りを消すと星がキレイに見えるかな、などなど。家をこれから建てる人はどんな「暮らし方」を楽しみにしているのだろう、と想像しながら打合せを進めていくのもとても楽しい過程です。
  • 綺麗に魅せるスタッフ時々日記2018.09.22

    ちょっと光りの加減で見にくいですが、窓の向こうには竹林が広がっています。窓枠を左右一杯に広げ、窓枠の枠の部分を見えないようにし、景色が切り取った絵のように見えるようにしてあります。右側の本棚が視線を邪魔しないように、あえてくぼみを作り造作しているのもポイントです。
  • 合掌作りの上棟現場報告日記2018.09.20

    今日は斐川で上棟です。事前に大工さんが組み立てた合掌作りをクレーンで吊るしていきます。非常に重いのと雨が降るので、大変です^^; なんとか雨が止んで欲しいですが。一日では終わらないので明日も続きますが、なんとか明日には天候が回復してほしいものです^^;
  • 壁の下塗りも手仕事で現場報告日記2018.09.19

    こちらの現場では壁の下地を左官さんが進めています。下地も手仕事。仕上げも手仕事。外壁の工程にも手間暇をかけます。この手間が外観の質感を決めるため、時間、人手をかけ、仕事を進めていきます。
  • 照明の役割も非常に重要スタッフ時々日記2018.09.16

    最近の住宅では家のなかを煌々と照らす照明より、リラックスできるほどにぼんやりと照らす照明を使うことが多いです。勉強、家事などをするスペースでは明るい照明を使いますが、リビング、ダイニング、寝室などは煌々と照らすより、緩やかに照らすほうがリラックスできると思います。高級ホテルなども照明の照度は落ち着いています。オンは明るいところで仕事をし、オフは落ち着いたところでリラックスする。照明の使い方も一考する必要があります。

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ