株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • しまね木の家 2現場報告日記2018.06.13

    平田町の現場でも「しまねの木」が使用されています。しまねの木の家では、①しまねの木を使う②スケルトン・インフィル(可変性方式)で家を作る③地域の人とモノでつくる、という3つの方針を掲げています。島根県では「伐って、使って、植えて、育てる」というテーマのもと、循環型林業の実現を目指しており、住宅や公共施設での木造化や木質化による県産材の利用を進めています。弊社もその考え方に賛同し、しまねの木を使用するようにしています。しまね県産材を使用すると金利を優遇してくれる金融機関もあります(^^♪

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ