株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • 何故「古民家」を後世に残すのかスタッフ時々日記2019.04.13

    最近、古民家再生などの依頼が増えつつあります。なぜ「古民家」を後世に残すのか。それは「古民家」こそ日本の住文化の象徴だからと考えます。伝統的な古い住宅を快適な生活空間に生まれ変わらせ、活用しながら残すことで文化や技術の継承が可能になります。世の中がデジタル化すればするほど、住居の構造や作り方が効率化していけばしていくほど、古民家を再生するという仕事は、未来の子供たちへ日本の住文化を伝えるために大切な仕事になっていくと思います。

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ