株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

/現場報告日記

  • 軒天も美しく現場報告日記2018.06.19

    写真は施工中の軒天(屋根の外壁から外側に出ている部分)です。写真の軒天にもこれから化粧板を張っていきます。その化粧板を施工する前の下準備です。大工さんが出来上がりが綺麗になるよう一つひとつ丁寧に下準備をしてくれていました。軒天に化粧板をキレイに張るとまた出来栄えがゴージャスになります(^^♪
  • 断熱材の施工現場報告日記2018.06.18

    平田の現場では断熱材(デコスドライ)の施工が始まりました。壁にシートを張り(写真)シートの間に断熱材を高密度で吹き込んでいきます。かなりの密度で吹き込みますので、隙間がなく施工できるのに加え、調湿効果もあり、この梅雨時分にも効果を発揮してくれます。断熱材も発砲系やら吹き込み系やら張り物系やら、色々出てますが、どの素材にもメリット・デメリットはありますので、自社の考え方やお客様のご要望に応じ使い分けています。
  • 造成開始!現場報告日記2018.06.16

    高松小学校区で分譲地の造成が開始になりました。1年半前まら準備を開始し、地主さんや行政とのやりとりを経てようやくです^^;  とても環境の良い場所だと思っています。一つひとつの土地の面積もゆったりと取ってありますので、落ち着いて暮らせるのではないでしょうか。この環境の良い場所をさらに建物で引き立てるべく、素晴らしい住宅地を作っていきたいと思います。
  • 薪ストーブの位置出し現場報告日記2018.06.15

    こちらの現場では薪ストーブの位置出しを行い、煙突の位置を決めました。薪ストーブは送風機能がないので、配置が重要になります。部屋全体が温まるよう薪ストーブの配置も検討済み。これから寒い時期は薪ストーブの回りで一家団らんですね(^^♪ 実際の火を見たり、使ったりする機会が減少している昨今、火を熾(おこ)せる男子は貴重な存在になっていくかもしれませんね^^;
  • しまね木の家 2現場報告日記2018.06.13

    平田町の現場でも「しまねの木」が使用されています。しまねの木の家では、①しまねの木を使う②スケルトン・インフィル(可変性方式)で家を作る③地域の人とモノでつくる、という3つの方針を掲げています。島根県では「伐って、使って、植えて、育てる」というテーマのもと、循環型林業の実現を目指しており、住宅や公共施設での木造化や木質化による県産材の利用を進めています。弊社もその考え方に賛同し、しまねの木を使用するようにしています。しまね県産材を使用すると金利を優遇してくれる金融機関もあります(^^♪

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ