株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • 場を仕切るスタッフ時々日記2015.04.18

    間取り図を見ると、部屋と部屋の位置関係は理解できますが、空間構成まではなかなか見えてきません。間取り図では壁や収納があっても、その上や下を抜いて、空間がつながっている場合もあります。建築家が間取りを考える場合は、空間的なつながりを意識しながら仕事を進めます。その一つとして「場を仕切る」という方法があります。一体の空間でありながら、間仕切り壁や収納によって空間を一部仕切り、暮らしに寄り添ったカタチで場を設定する方法です。なかなか間取り図では掴みにくいので、弊社では模型を作ってイメージしてもらうようにしています。
  • あなたにとって和室の用途は・・・スタッフ時々日記2015.04.17

    日本の家屋には、ある時期まで室名というものがありませんでした。ところがある時期から和洋折衷の住宅として、玄関脇に接客用の部屋がおかれ応接間と呼ばれだします。ただ畳敷きの和室は固有名詞で呼ばれることなく、4畳半とか6畳とか部屋の広さで呼ばれていました。使い方も用途に則して作られるのではなく、その時の使い方に応じて柔軟に使用されていました。家を建てるときに和室の使用目的がはっきり決まっていれば良いですが、元来、融通性のある部屋です。使用目的がはっきりしていなければ、和室には必要以上の個性を作らないという基本を意識したほうが、暮らしのなかで汎用性の高い部屋として使用することができます。
  • 子供にツナグスタッフ時々日記2015.04.16

    OB様の愛用はロレックス。なんでも5年に一回程度、オーバーホールで約5万!(普通の時計が買える^^;)。1ヶ月で秒針は2~3秒誤差が生じる、電池で動いているわけではないので、2、3日使用しないと、止まる、とまあ不便なことだらけ?のように見えますが・・。
    「そりゃ、価値観だけん、どんな時計しようと自由だけど、俺はこの時計だね、子供が大人になった時、あげることにしちょーわ、シンプルで飽きがこんし、メンテしてれば長持ちするし・・・」  自然素材で出来た本物の家と同じってことですか、でもブランド力がぜんぜん足りんわ(;O;)と思った次第でした。

  • キララ多伎の近くでスタッフ時々日記2015.04.15

    キララ多伎のほど近くで、割と大きめのリフォーム工事が始まりました。海の近くですので塩害にも対応した工事をしていくことになります。家を建築されたのは他の業者さんですが、縁あってリフォームを何度かさせて頂いています。今回もまた弊社をご指名いただいたので、期待に応えれるようがんばりマッスル"^_^"
  • お引渡し・・・スタッフ時々日記2015.04.13

    あいにくの空模様の本日午前中、お引渡しがありました。スタッフのみんなの想いの詰まった住宅です。最後にパチリ。住むほどに新しさを増していく「現代町屋」。新しい住まい手の方は、暮らしの中にどんな発見をしていかれるのでしょうか。長い時間をともにしていましたのでちょっぴり寂しいですが、新しい住まい手の方も大事にしてくれるはずです。メンテをお手伝いしながら、良い感じに月日を経て行くのを見守ることを楽しみにしたいと思います。ありがとうございました<(_ _)>

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ