株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • 基礎工事終盤戦現場報告日記2018.08.10

    知井宮の現場では基礎工事の終盤です。型枠にコンクリを流し込み、立ち上がりを作っていきます。基礎が出来たあとはしっかり養生期間を取り、コンクリを完全に乾燥させます。しっかり養生期間を取らないと、内部でヒビ割れが出たりしますので、しっかり乾かしてから次の工程へと進んでいきます。盆が明けるまで養生し、今度は上棟へ向けて準備していきます。弊社の倉庫ではこれから土台となる木材に防蟻処理を施す仕事が行われます。

  • エコタウン浜風完成までもう少し・・現場報告日記2018.08.09

    浜町にて造成中の8区画分譲地。暑い日が続き、なかなか工事の進捗が思わしくなかったですが、ようやく形が見えてきました。8区画全て弊社の建築条件付きとし、各戸の配置も考慮するなかで、統一された分譲地にしたいと考えています。現在1区画は売約済み、1区画は商談中となっております。ご興味があられる方はお気軽にお問い合わせくださいませ(^^)
  • 外とのツナガリスタッフ時々日記2018.08.08

    玄関を出たところにある大きな外土間。玄関、リビングの窓を開け放てば一つに繋がります。街中では外部の視線も気になるかもしれませんが、幸い気にしなくても大丈夫なロケーションですので、外土間には屋根も施工し、活動できるスペースに。家のソトにもデッキや土間、庭などがあると暮らしが楽しくなると思います。
  • 仕事中・・・現場報告日記2018.08.06

    寝ているわけではありません。。左官さんが仕上げの塗りをするための作業中です。炎天下のなか、地面からの照り返しもあるなか、仕事をする左官さんは本当に大変です。この時期は夕方になると汗とホコリでシャツの汚れが凄いことになりますが、黙々と仕事をする姿にいつも頭が下がります。
  • 木目細かく配筋施工現場報告日記2018.08.04

    知井宮で始まったA様邸では基礎工事が進行中です。強度に不可欠な配筋は木目細かく施工しています。配筋量は強度に直結します。ここにコンクリートを流し込みますので網の目に張り巡らされた配筋は見えなくなってしまいますが、耐震、基礎の強度を保つためにとても重要な工程のひとつです。

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ