株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • 最終段階に突入です現場報告日記2016.08.01

    こちらの現場はキッチン、各部屋の扉が取り付けられ最終局面へと突入していきました。RCの物件のため、普段の木のイメージとは少し違いますが、要所要所はウッディーな感じを取り入れています。お盆にオープンハウスを予定しておりますので、特にマンションの改修をご希望の方はお越しください。間もなくHP上で告知いたします(^^♪
  • 酷暑のなか、お疲れさまでした^^;スタッフ時々日記2016.07.28

  • 猛暑のなか上棟です現場報告日記2016.07.27

    連日暑い日が続きますが、今日も暑いです^^; そのようななか本日は上棟で、朝早くから大工さんが額に汗しながら作業を頑張っておられます。集中力を切らさず無事故で乗り切って頂きたいと思います。夕方の上棟式のあとはお餅まきです。朝、お酒を持ってお邪魔するとご近所さんもお祝いを持って駆けつけておられました。今日のお餅まきは盛大なものになりそうですね。H様おめでとうございました!
  • 北海道からスタッフ時々日記2016.07.22

    今日は北海道恵庭市から建築関係の方が弊社および建築した物件の視察にお見えいただきました。弊社に白羽の矢が立った理由は、地元の木材を利用し良質な建物を建て続けているから、とのことで地元の行政の方が出雲で視察するなら弊社、ということになったそうです。社長が地元の木材を使うことの意義を熱く語ったあと、施工物件の見学に。北海道ではスギ、ヒノキは高価で使うことは稀だそうで【エゾ松や既製品が多いそうです】、島根の県産材や自然素材を使った建物に見入っておられました。プロの方にも魅せることが出来る住宅を作っているということですかね、はいm(__)m
  • 下地の処理もしっかりと現場報告日記2016.07.20

    間もなく総仕上げに入る出雲市の某現場です。下地のボードにこれから仕上げ【クロス、珪藻土、漆喰など】を施工していきますが、その前にボードとボードの継ぎ目を塞ぐためにパテ処理を施していきます。先日アップした窓廻りの下地もそうですが、隠れてしまう部分にどれだけ手間暇をかけられるかが、心地良い住まいを作るうえで大切になってきます。見えなくなる柱や下地、施工は施工会社からみれば経費削減、工期短縮ができる箇所で住む方もなかなか気づかない部分ですが、ここに手間暇をどれだけかけることができるか、これが大切だと思います。

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ