株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

  • お風呂の改修を安く上げる方法の一つにスタッフ時々日記2018.01.25

    寒い日が続きますが、体調を崩したりしておられないでしょうか。最近、昔の家のお風呂を改修したいという相談を良く頂戴します。(昔のお風呂はタイル張りです)お風呂に入った瞬間、足がヒヤッとし、そして寒い、滑りやすい、と特にご高齢の方は敬遠しがちになってきます。こうしたお風呂の改修で一番良いのは、最新のユニットバスに交換することだと思いますが、費用はそれなりにかかります。そこで、コルクタイルを現状の床に張る、だけでも足元の寒さ、滑りやすさは劇的に解消されます。費用もユニットバスに交換より5分の1程度で済みます。ヒートショック対策も含め、お風呂が寒い、危ないと感じたら、検討してみては如何でしょうか?
  • 雨の日でもスタッフ時々日記2018.01.17

    今日は雨模様です。玄関を出てすぐ雨に濡れるのではなく、少し外で佇めるスペースがあると良いと思いませんか。河童を脱ぐ、傘の水を切る、外の様子をしばらく眺める・・・。玄関を出て、そんなスペースがあると便利だな・・、こんな雨に日には、そういうことを思います。
  • タンクレススタッフ時々日記2018.01.16

    最近はタンクが無いトイレが人気ですね。
    見た目がスッキリし、トイレが広く使えます。
    掃除もラクなので、人気が出るのも納得です。
    しかし、高台で水の勢いが弱い地域や2階のトイレなどをタンクレスにすると、水が勢いよく流れないことがあります。
    また、タンクに貯まっている水は災害や断水の際に重宝します。
    トイレリフォームの際、タンクの有無に迷ったら、タンクのメリットも思い出してくださいね。

  • 外壁下地処理終了現場報告日記2018.01.15

    ガーデンタウン内で施工中の「びおハウス」の外壁下地処理が終了しました。見えなくなる部分ですが、左官さんがとてもキレイに仕上げてくれました。下地がキレイでないと表面がキレイにならないですからね^^;  先週は天候が悪く思うように作業が進みませんでしたが、今週はスムーズにいきたいものです(^^)
  • 平成30年1月から「103万」の壁が・・・スタッフ時々日記2018.01.13

    今月より「配偶者控除」「配偶者特別控除」の対象となる配偶者の収入に対する税制が変わりました。いわゆる「103万円のカベ」です。103万円の収入を超えると控除が受けれなくなるから、それ以上働かない、とか聞いたことあると思います。今年からそのカベが「150万円」に上がります。                 ただし世帯主の所得金額が1,000万円を超えてくると適用を受けれなくなったり、妻の年収が130万円を超えるとパートであっても社会保険に加入したりする必要が出てきたり、といったことがありますが、各家庭の事情に合わせて税金、社会保険の話しなどを区別して何が有利か考えていく必要がありそうです。

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ