株式会社藤原木材産業

Information - お知らせ

/2018年3月

  • 解体工事がほぼ終了(^^♪現場報告日記2018.03.29

    こちらの現場では解体工事が終了し、これから整地、地鎮祭へと移っていきます。離れと母屋の切り離し工事など、慎重を期す場所もありましたが、解体屋さんが頑張ってくれ、無事終了しました。これから整地をしていきます。9月のお引渡しを目指し、頑張っていきます"^_^"  晴れた日は遠くは大山が見える素晴らしい眺望の場所です。解体した母屋も約百年住み続けられました。これから建てる家も解体させて頂いた母屋に負けないくらい、長く住み続けられ、地元の風景になっていくような家を建てることが出来よう頑張っていきます!
  • 足場が取れ、いよいよ仕上げに向かっていきます現場報告日記2018.03.28

    松寄下町の現場では足場が取れ外観が現れてきました。落ち着いた上品なフォルムに仕上がっていると思います(^^♪ 内部の大工さん工事も間もなく終了し仕上げの工程へと移っていきます。今週は天気が良いので工事がスムーズに進んで嬉しいです(^^)
  • 水周りの手洗いは・・スタッフ時々日記2018.03.27

    こちらのお宅のリフォームではトイレのお手洗いを造作で作ってみました。なかなかいい感じに仕上がったと思います。思わず長居してしまいそうですね^^;

  • 水周りの床は・・スタッフ時々日記2018.03.23

    水周りの床は塗れるので材料は何を使うか悩みどころですね^^; こちらは籐(トウ)です。ビニルクロスがメンテナンス性は優れますが、スギ板などのムク板もなかな良いと思いますよ。何をもってメンテナンス性というか人それぞれですが、ムク材も扱い方ではメンテナンス性には優れていると思います(^^)
  • OB様からのリフォーム依頼スタッフ時々日記2018.03.21

    先日、築28年経過したOB様からキッチン、お風呂改修のご依頼を頂きました。リフォームのご依頼をOB様から頂くのは大変嬉しいことです。何故なら、住宅というのは建てた後に疎遠になったり、不満が溜まりやすく、建てた会社にはもう頼まない、というケースが起こりやすい業種だからです。 数十年経っても再度ご指名頂けるというのは、信頼頂いている証左だと思います。お引渡ししてからが長いお付き合いの始まり。弊社で建てて頂いた感謝を忘れる事なく、良好な関係を築いていきたいと思います。そのためには、何かあったときにすぐ対応すること、誠実に対応することが大切だと改めて肝に銘じます。【写真は本文とは関係ありません】

わたしたちがつくった木の家

作品一覧へ