TEL : 0853-23-9381

/2016年



  • 2016.11.15/スタッフ時々日記 

    大社BARNS遠景

    赤い矢印が複合テラス大社BARNSの場所です。前の海岸線は夕日スポットにするため現在整備が進められています。この地は昔、八束水臣津野命(やつかみずおみつぬのみこと)が新羅から国引きを行い作られた地だと言われています。縁起の良い場所で、人と人の縁を結ぶような場所を作りたいと思います。

  • 2016.11.14/不動産情報 

    大社BARNS

    出雲大社稲佐の浜近くの海岸線に出店しませんか? 建物は入居者さまの希望の大きさに可能です。
    お問い合わせは弊社までお願いいたします。担当:藤原
  • 2016.11.11/現場報告日記 

    フローリングの施工

    こちらの現場ではフローリングの施工を開始しました。杉のムク材です。ムク材といっても針葉樹(スギ、パインなど)や広葉樹(ナラ、カエデなど)あり、肌触りや風合いは異なります。ムク材にするメリットは肌触りや空気感。反対にデメリットはムク材の収縮による隙間や反りなどがあります。なるべく反りを防ぐため、大工さんも木の目を読みながら施工していきますが、最近はムク材を利用することが少なくなっており、木の目を読める大工さんも減少してきています。今日も築1年のお客様の御自宅に訪問してきましたが、ムクの肌触りはとても良いとのこと。我々も頑張ってアピールを続けていきます!

  • 2016.11.09/スタッフ時々日記 

    神迎神事

    今日11月9日は稲佐の浜にて神迎神事が19時より行われます。写真はテナントのある場所から。午後5時時点の写真ですが、周囲の駐車場は続々と神事を見ようと観光客や地元の方が車を停め、稲佐の浜へ向かっておられました。今日は市内のホテルも満室のようです^^; 今年、神迎神事を見た方が来年の予約をして帰るため、なかなか空きがないようで・・・。神在月の間は市内、県内の観光施設は賑わいを見せます。出雲大社さまさまですね(^^)
  • 2016.11.07/現場報告日記 

    将来のメンテも視野に外壁はノンクラック工法で

    来待の現場では外壁工事が始まりました(^^♪ こちらのお宅の外壁は継ぎ目がないノンクラック工法です。通常、壁と壁の間にはコーキングといって継ぎ目を塞ぐためにゴムでふたをします。ただ、ゴムのため月日が経つと痩せてきたり、汚れが目立ってきますので、継ぎ目のない外壁、ノンクラック工法で行います。メンテもさることながら、継ぎ目がないので見た目も美しいです(^^) その分、下準備に手間暇はかかります^^; 手間暇かかる分コストもかかりますが、最初にノンクラック工法にしておくと後々のメンテ費用は抑えられます。建物の外観がどんな感じになるか、とても楽しみです"^_^"