TEL : 0853-23-9381


  • 2020.06.12/スタッフ時々日記 

    竹炭の調湿効果

    梅雨に入り、湿気の多い季節に突入しましたね。

    湿気が多いとジメジメして暑く、カビなども生えたりと不快ですよね。

    そこで湿気対策として、竹炭(ちくたん)というものをご存知でしょうか?
    竹炭とはその名の通り、竹でつくられた炭のことです。

     

    炭にもいろいろ種類がありますが、炭の持つ調湿作用の効果は、

    表面積が広いほどその効果も大きく、
    備長炭の3~5倍の表面積がある竹炭は、高い調湿作用が期待できるのです。

    竹炭には、湿気の多い時には水分を吸収し、
    乾燥するときには水分を吐き出すという調湿効果が期待できます。

    竹炭の表面に空いている小さな穴が、空気中に含まれている臭い成分や水分などを吸着し、
    消臭効果や調湿効果を得ることができます。
    部屋だけでなく、床下、クローゼットなどに置くことで過ごしやすい環境を作ることができます。

     

    竹炭は、昔から湿気の多い日本で活用されてきました。
    現代では、エアコンや除湿機などさまざまな除湿対策が出来るようになりましたが、
    地球温暖化などの環境問題もあり、エコな生活が見直されるようになっています。

    竹炭は水で洗って干しておけば繰り返し使えるので、電気も使わずエコな除湿をすることができ、
    エコの観点から竹炭を利用する人も増えてきているようです(^-^)
  • 2020.06.11/スタッフ時々日記 

    雨の日の換気はどうすればいい?

    今日の出雲市は朝から雨。

     

    中国地方も昨日から梅雨入りし、いよいよ本格的に雨のシーズンとなりましたね。

    新型コロナの影響で換気が必要な今、雨の日の換気はどうしたらいいの?と考えてしまいますよね。

     

    『雨の日に換気なんてしたら、湿気が入って大変!カビも心配!』

     

    と、私も思っていたのですが、気になって調べてみると、
    よほどの大雨の時以外は、適度に換気をしたほうがいいということが分かりました。

     

    実は閉め切った家の中では、空気の流れがなく、空気が停滞しているので、
    室内の空気が一箇所に集まってしまう=カビにとって繁殖しやすい環境となってしまうのです。

     

    閉め切った環境では、湿気が逃げ場を失ってしまうということだそうです。
    ですから、よほどの大雨でもない限り適度に換気をしたほうがいいということなのですが、

    ここで注意したいのが、一部屋につき二つは窓を開けなくてはならないということ。
    換気に必要なのは、外から入ってくる空気と、中から出て行く空気の両方がなければ
    空気の流れが発生しないからです。

     

    もし、部屋に窓がひとつしかない場合は、扇風機や換気扇などを回すことで、
    空気の流れが生まれ、室内の空気が移動しやすくなるのです。

     

    また、湿気=カビと考えてしまいがちですが、湿気だけでカビが生えるわけではなく、

     

    ・空気の流れがない(空気の動かない)環境である
    ・室温が20度から40度、湿度が70%以上である
    ・ほこりなどのカビの餌となるものがある

     

    という条件が揃ってしまうと、カビが発生しやすくなります。
    空気の流れが生まれれば室温も変化し、室内の湿気も外へ移動しますので、
    それだけでカビの発生原因も抑えられるのです。

     

    どうしても窓を閉め切ってしまいがちな梅雨の時期ですが、湿気やカビ対策としても適度な換気はとても需要ということがわかりました!

     

    この時期はジメジメ・部屋の中もどんよりしがちですが、雨の日も換気は必要であるということがわかったので、時々は窓を開けて外の新鮮な空気をお部屋の中に取り込んではいかがでしょうか(^-^)?

     

     
  • 2020.06.09/スタッフ時々日記 

    初夏の風物詩・蛍

    春から夏へと移り変わるこの時期にしか見られない、蛍(ほたる)。

    綺麗な水辺にしか生息せず、成虫になってからの寿命が1週間ほどと、
    短い期間しか観賞できない為、見たことがない方も多いかも知れませんね。

     

    私も先日、家族で雲南市へ蛍を見に行ってきたのですが、

    残念ながら数匹しか見ることができず・・・。

    遠くで光る姿を見ることができたものの、カメラには上手く収めることができませんでした。

    残念・・・。

     

    ですが、たとえ数匹でも、遠くからしか見れなくても、

    蛍の放つ美しくやさしい光を見ていると、それだけで心が癒されました(^-^)

     

    そんな豊かな自然が残る、私の地元・島根には多くの”蛍スポット”があります。

     
    □大谷地区ホタル生息地(松江市)

    玉湯川の上流約3kmにわたり、ゲンジボタルが生息しています。
    近年、遊歩道の整備が行われ、玉造温泉の宿泊客などたくさんの方々が夜の幻想の世界を堪能しています。

     

    □白鹿ホタルの里公園(松江市)

    自然観察のコースが整備されている松江市法吉地区では、
    ゲンジボタル・ヘイケボタル・ヒメボタルが生息しており、観察することができます。

     

    □吉田地区ホタル生息地(安来市)

    この地区では近年昔の自然が蘇り、ニナやタニシの貝やドジョウなどが多く見られ、
    各所でホタルの乱舞が観賞出来るようになりました。

     

    □赤川ホタル公園(雲南市)

    ここで飛び交うゲンジボタルは「赤川ホタル」と呼ばれ、お茶を作る方法とともに京都から大東に来たといわれています。

     

    □大社町ホタル生息地(出雲市)

    素鵞川上流部の奥谷でヒメボタルが、素鵞川・吉野川の上流部でゲンジボタルが、素鵞川・吉野川の合流部周辺等でヘイケボタルが観察できます。

    ※詳しくはこちら https://www.kankou-shimane.com/mag/1060.html

     

    島根県では、早ければ5月下旬から蛍を見ることができます。

     

    蛍がよく見えやすい条件として、

    ・風がなく、ムシムシとしたあたたかい日

    ・雨が降っていないこと

    ・曇っている日

    ・夜8時から9時頃(この時間帯が最も出やすいそうです)

     

    などがあげられます。

    また、川面や田んぼの水面付近が観測しやすいようです(^-^)

     

    この時期、限られた期間、限られた場所でしか見ることのできない

    貴重な蛍。

     

    美しくやさしい蛍の光と自然に癒されに、ぜひ足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

     

     

     

     

     

     

     

     

     
  • 2020.06.08/現場報告日記 

    ただいま建築中!

     

    斐川町に建築中のこちらの現場では、
    基礎工事が進んでいます。

    今日の出雲市は、最高気温27℃という予想で、
    朝からすでに汗ばむ暑さの中、配筋工事が行われていました。

    配筋工事とは、設計図にしたがって、鉄筋を切ったり曲げたりして、
    結束線で固定しながら鉄筋を配置、組み立てることをいいます。

    きれいに組まれた配筋はとても美しいです(^-^)
    職人さんの丁寧な仕事は、本当に素晴らしいですね。
  • 2020.06.05/スタッフ時々日記 

    美しい紫陽花の季節。

    6月といえば梅雨。雨ばかりで気分が憂鬱になるときもありますよね。

    そんな梅雨時に青やピンクの美しい花を咲かせ、私たちの心を和ませてくれるのが

    紫陽花(あじさい)です。

    島根県には、山陰の『あじさい寺』とも呼ばれる、

    あじさいが美しく咲く『月照寺』というお寺が、松江市にあります。
    徳川家康の孫にあたる、松江藩初代藩主・松平直政公が生母月照院様の霊牌を安置するため、

    洞雲寺という禅寺を蒙光山月照寺として改称復興のが始まりで、

    以来九代にわたる藩主の菩提寺として栄えてきました。

    静寂な境内には、四季折々の花が咲き、特に6月中旬からはあじさいの花が所狭しと咲き誇ります。

    □月照寺HP↓

    https://www.gesshoji-matsue.com/introduction

    山陰のあじさい寺として、

    近年はこの時期多くの観光客が訪れる、人気のスポットとなっています。

    花を見ているだけで心が和み、癒されますよね。

    あじさいは、小さな花がたくさん集まって一つの大きな花に見えることから、

    家族の繁栄と、仲の良さを象徴しているとされます。

    なんだか素敵ですね(^-^)

    これからいよいよ梅雨を迎え、あじさいが綺麗な季節になってきます。

    雨に濡れて色彩を変えながら、美しく 咲くあじさいを見て

    心癒されてはいかがでしょうか(^-^)