TEL : 0853-23-9381
スタッフ時々日記

  • 2020.05.29/スタッフ時々日記 

    アレルゲンを発生させにくい家づくり

    家の建材に使っている化学物質が原因で起こるシックハウス症候群や化学物質過敏症。
    最近では、アトピーや喘息などのアレルギーをもつお子さんが増えているといいます。

    家づくりを考えた時、アレルギーをもつ家族がいる家庭では、
    シックハウス症候群や化学物質過敏症など、アレルギーを起こさせない家造りをすることが重要です。

    一般的な住宅の壁はクロス(壁紙)張りが多いと思いますが、
    この壁紙に使う接着剤によってアレルギー症状を引き起こすこともあります。

    そこで、漆喰塗りの壁や珪藻土、シラス壁などの自然素材を使った塗り壁を取り入れることがオススメです。
    これらの自然素材の壁の特徴として、

    □調湿効果・・・湿度が高いと余分な水分を吸い取り、逆に湿度が低くなると水分を放出してくれるので、年間を通して快適な湿度に調節してくれる。

    □耐久性・耐火性に優れている。

    □消臭効果がある。

    □ホルムアルデヒド(化学物質過敏症の主な原因とされる有害物質)の吸着分解の機能があるものもある。

     

    などがあります。

    特に、アレルギーの一因となる、カビやダニは湿度が高い時期になると増えてきます。
    カビは湿度65%以上・室温20~25℃、ダニは湿度70%以上・室温20~25℃と、
    暖かくてジメジメした同じような環境を好むため、湿度の高い時期になると、カビとダニが繁殖してくるのです。

    ということは、湿度をコントロールすることで、ダニやカビの活動を抑えることが出来るのです。

    体に優しく、調湿効果のある自然素材の塗り壁は、

    アレルギーやシックハウス症候群が気になる方に知っていただきたい、自然素材の建材のひとつ。

    調湿効果や、様々なメリットのある自然素材の塗り壁。

    原因とされている要因を少しでも減らし、誰もが健康で快適に、安心して暮らせる住まいを目指したいですね(^-^)
  • 2020.05.25/スタッフ時々日記 

    家づくり進行中

    キッチンの左右どちらかが壁に面した対面キッチンのことを、

    「ペニンシュラキッチン」といいます。

     

    リビングを見渡しながらお料理できるので、
    家族とのコミュニケーションをとりながら料理ができ、女性に人気のスタイルのひとつ。
    お手入れもしやすくて実用的です。

    こちらの進行中の現場でも、「ペニンシュラキッチン」の工事が進行中です。

    扉やワークトップ、カウンターなどの色の組み合わせによっても、
    雰囲気がガラリと変わってきます。

     

    どんなキッチンになるのか・・・。

    私たちも出来上がりを想像すると楽しくなってきます(^-^)

     

    お引渡しの際、お客様の笑顔が見られるよう、真摯に最後まで取り組んでいきます!
  • 2020.05.22/スタッフ時々日記 

    シーリングファンで空気の流れをつくる



     

    部屋の中の空気を循環させ、室内の温度を均等に保ってくれる。

    シーリングファンにより、隅々まで空気の流れがつくれるようになるため、


    空調の効率が良くなる。

    結果、冷暖房の効き目を向上してくれる。

     

    実用的なメリットがたくさんな『シーリングファン』。

     


     


    木のぬくもり溢れる、こちらの住まいでも。

    空間をゆったりさせてくれます。

     


  • 2020.05.21/スタッフ時々日記 

    \杉を使った家の良さとは?/

     

    古くから建材として利用されてきた木材。
    数ある木材のなかでも、『加工のしやすさ』『軽さ』『湿気への強さ』などの特徴を持ち、
    日本建築の代表的な建材として、古くから使用されているのが『杉材』です。

    杉の木の特徴として、

    ■調湿作用が高く、断熱性に優れている

    ■衝撃をやさしく吸収する

    ■長持ちする

    ■味わいのある経年変化を楽しめる

    保温性、断熱性に優れている杉。

    床や壁などに使うことで暖かさを維持するのに役立ちます。
    また、湿気を吸収してくれるので肌触りが良く、夏場のジメジメした時期でも、
    素足でもサラッとした心地よい感触を感じることが出来るため、快適に過ごすことができます。

    耐水性もあるため、カビや腐朽にも強く、長持ちするのも魅力といえます。

    また、年月を重ねると飴色に変化する経年劣化も美しく、
    その家ならではの風合いが出てくるのも杉ならではの魅力ですよ(^-^)
  • 2020.05.19/スタッフ時々日記 

    家事を楽にする間取り・動線

    家を建ててから後悔しないためにも『間取り』『動線』にはこだわりたいもの。

     

    外観や見た目にばかりこだわりすぎて、いざ生活してみたら生活しずらい・・・なんて、

    後悔したくないですよね。

    夢のマイホームでの暮らしが快適なものになるよう、間取り・動線について

    しっかりシュミレーションしましょう。

     

     

    □間取り・生活動線にこだわりたい理由□

     

    それぞれの家族のライフスタイルに合わせて、1から設計していくので

    『間取り』・『生活動線』はマイホームづくりをするうえで、とても重要です。

    生活動線を考えて間取りはつくられるため、

    生活動線が不自然な間取りにならないようにすることが大切です。

    日常生活に関係した生活動線としては、調理・洗濯などの家事をする際に動く『家事動線』

    入浴やトイレなどの『生活動線』、来客が来てから帰るまでの『来客動線』が主な動線です。

    これらがそれぞれスムーズに確保できる間取りが理想的といえるでしょう。

     

    例えば、効率的に家事を行うには、家の中を最短距離で回遊できるような

    シンプルで動きやすい動線をつくるといいでしょう。

    設計の段階で、リビング・キッチンなど家事を行う場所、

    自在に動き回れる動線をシュミレーションしておくといいでしょう。

     

     

    夢のマイホームで『間取り』・『生活動線』で失敗しないためにも、

    事前にしっかりとシュミレーションしておくことが大切ですね(^-^)