TEL : 0853-23-9381


  • 2020.02.18/現場報告日記 

    鉄筋とコンクリート

    出雲市内のこちらの現場では、基礎配筋工事が行われています。コンクリートにこの鉄筋を芯のように埋め込んで鉄筋コンクリートを作り、建物の土台として必要な基礎を作っていきます。よく「鉄筋が錆びてていても大丈夫?」という疑問がありますが、一般的に表面の錆びについては強度に影響はありません。鉄筋の内部まで錆びが進行していれば使い物になりませんが、鉄筋の錆びはコンクリートとしっかり絡みやすいので、全く錆びがない新品の鉄筋よりも、表面が多少錆びているくらいの方が強度が高いのだとか。また、鉄筋は周りがアルカリ性だと錆びが進行しないという特徴があるため、鉄筋とコンクリートは最高の相性なのです。それを聞くと、昨日からの不安定な天候でも安心できますね♪

  • 2020.02.17/現場報告日記 

    グラスウール断熱材

    先週、社内で断熱講習会を行った現場に、断熱材が施工されています。壁の中にぎっしりと敷き詰められた、ふわふわのグラスウール。家全体がお布団に包まれているような、安心感のある光景でした♪
  • 2020.02.13/現場報告日記 

    植栽の役割

    来週お引渡しのお宅に、植栽が施されました。建物と調和して、奥行きのある美しい外観に仕上がっています。人の目を楽しませるだけでなく、プライバシーを守ったり、日差しを調節したりと植栽の役割はさまざま。つい、たくさんの植栽を取り入れたくなりますが、植物は生きものなので日々の水やりやメンテナンスが必要になります。楽しみながらお手入れできる量や樹種を意識してみてくださいね♪
  • 2020.02.10/スタッフ時々日記 

    断熱講習会

    本日、出雲市内で進行中の現場にて、断熱施工技術講習会を行いました。神奈川県より硝子繊維協会の方をお招きし、弊社社員と工事に携わっている大工さんを中心に、グラスウール断熱施工についての知識と技術向上のため勉強しました。講習会後には、3名がマイスター認定取得のため、筆記試験と実技試験を受けました。断熱材を施工するうえで重要なのは、断熱材を壁の中に隙間なく閉じ込めて、空気が動かない状態にすること。こうすることで、期待する断熱効果を発揮し、内部結露の発生も防止できるそうです。そのためには、素材の性能だけでなく、家のどの部分に施工するか、正しく施工できているかが大切とのこと。弊社でもグラスウールを中心に断熱材を施工していますが、家の寿命と住む人の健康を守るためにも、正しく丁寧に施工を行っていきたいと思います。

  • 2020.02.10/現場報告日記 

    根切りと砕石地業

    先週は真っ白な雪で覆われていたこちらの現場。雪もすっかり溶けた敷地は何やら黒く、でこぼこしています。
    建物の基礎は地面の下に埋めてつくるため、、建物の形に合わせて、地面を掘る必要があります。この地面を掘る工事のことを「根切り」と呼びます。根切りした地盤面は土がやわらかくなっているので、このまま上にコンクリートを敷くと、沈下や傾きを起こす恐れがあります。そこで、「砕石地業」という作業を行い、砕石(砂利)を敷き詰めて固めることで、地盤の支持力を安定させるのです。