TEL : 0853-23-9381

/2017年



  • 2017.03.16/現場報告日記 

    躯体(建物の本体部分)を長持ちさせるために

    建物の本体はしっかり作れば木造でも100年は持ちます。外壁や内部はメンテをする必要が出てくるときもありますが、まずは建物本体をしっかり作ってこそ。現在建築中のモデルハウスも通気工法といって、外壁と建物本体の間に隙間を作り、空気の通り道を作っています。これで空気が建物の周囲を循環し、建物のフレッシュな状態を維持します。見えるところを上質に作るのは当然ですが、見えないところもしっかりと手間暇かけたかどうかが、大切になります。
  • 2017.03.15/スタッフ時々日記 

    1棟1棟 丁寧に確実に施工する

    本日の某ポータルサイトで東北にあるローコストメーカーさんにお施主さんから苦情が相次いでいるとの記事が載っていました。一人の現場監督で同時に何十棟も現場を管理するため、不良施工が多くなっているようなことが記載されていました。一般的に一人の現場監督が同時に管理できるのは5棟前後が限界だと思います。現場監督が経験豊富で現場に良く来ているか、下請け業者がコロコロ変わっていないか、なども住宅会社を選ぶときに重要なポイントになると思います。住宅は人生で一回の買い物です。安物買いの銭失い、にならないよう気をつけていただきたいと思います。
  • 2017.03.14/スタッフ時々日記 

    何十年後の将来を見据えて

    最近リフォームの相談が増えています。年齢を重ね、生活様式が変わってきたので、間取りを変更したい、子供が巣立ったので広々したリビングを作りたい、など。リフォームする際に在来工法で作った家だと比較的リフォームは容易です。在来工法でないと、リフォームがわかりにくく、建築された会社に頼まれたほうが構造上の問題から良い場合が多いです。家を建てるときから、将来のことや老後のことはなかなか考えられないと思いますので、簡単に間取りを変えれるような構造にしておくのも一つの手ですね。
  • 2017.03.13/スタッフ時々日記 

    「しまねの木」の利用により期待される効果 その2

    前回「しまねの木」の利用により期待される効果をお伝えしましたが、本日はその続きです。3つ目の効果として「人が元気に!」。これは、木は目に優しく、暖かみのある素材で、しかも湿度調整や衝撃吸収昨日も優れており、人が快適に暮らせます。犬やネコもムクのフローリングはとても好きなんです。4つ目の効果として「地球が元気に!」、これは、大気中の二酸化炭素と光合成で木は大きくなり、その木材を住宅や家具等に利用するので、地球にとっても優しい素材なんです。
    こうした「しまねの木の家」づくり安心サポートを行政や島根県建築住宅センター、しまねの木認証センターなどがしてくれています。こうした島根を元気にする島根県産材を使った住宅を地元のためにも、より普及させていきたいと考えています。
  • 2017.03.10/スタッフ時々日記 

    作品事例を追加しました

    先般竣工した出西の家の作品事例をアップしました。是非ご覧ください。