TEL : 0853-23-9381

/2017年



  • 2017.03.07/現場報告日記 

    びおソーラー設置

    今日はモデルハウスにびおソーラーを設置しました。小雪の舞うなか、作業は大変でしたが、みんなで協力しながら、なんとか夕方には終了。これで、冬は暖かい空気が全館にまわります。足元から出る暖かい空気は、本当に心地よいです。みなさんに快適な暮らしをご提供できるよう、色々な技をちりばめています。
  • 2017.03.06/スタッフ時々日記 

    しまねの木を住宅に使うことで得られる効果

    現在進行中のモデルハウスに使用されている木材は島根の県産材です。行政も地元の木材を利用することを後押ししてくれ、お施主さまにも補助金を交付したり、金融機関さんはローン金利を引き下げたりしてくれます。お施主さまには直接は関係ないですが、間接的な効果としては①地域が元気に【林業・木材産業・家具・建具業界などの地域産業の活発化】②森林が元気に!【成長した木は二酸化炭素をあまり吸いません。成長する木が二酸化炭素をどんどん吸います。適正な時期に木を伐採しまた植林すれば森林は再生されます】 あと2つありますが、紙面の都合上続きはまた明日^^;
  • 2017.03.01/現場報告日記 

    びおハウスの工夫(2)

    通常、基礎はコンクリートだけですが、びおハウスは床下に暖かい空気を送り、家全体を暖めるため、床下である基礎のまわりも熱が逃げないよう、発砲スチロールで囲みます。こうすることで暖かい空気を床したに送っても、空気が冷えることなく、全館をジワジワと暖めてくれるのです。

  • 2017.02.28/現場報告日記 

    モデルハウス びおハウスの施工

    びおハウスは2階にも屋根で暖めた空気を出すため、2階の床に温めた空気が出る穴がそこかしこにあります。この穴から屋根で温められた空気が出るため、暖房は大変効率的、部屋の中の温度差を生じない仕組みになっています。今日もびおハウスの生みの親、半田先生に東京からお見えいただき、現場の確認をしていただきました。初めての取り組みなので、ひとつひとつ確認をしながら施工を進めていっています。
  • 2017.02.27/現場報告日記 

    びおハウス上棟(^^)

    今日はびおハウスの上棟です。通学前の小学生も高く背を伸ばしたクレーンに興味深々(^^) コンセプト、仕様、間取りなど、長い間打ち合わせをしてきたので、感慨もひとしおです。風は冷たいですが天気は快晴。原現場監督が、天気予報と睨めっこしながら、この日を選んでくれました。さすがです。さあ、今までなかった新しいコンセプトで作るびおハウスがいよいよ本格的に始動です(^^♪