TEL : 0853-23-9381

/2017年



  • 2017.02.24/現場報告日記 

    モデルハウスの上棟に向けて

    月曜は弊社のモデルハウスが上棟です。今日は準備が着々と進んでいます。このモデルハウスの室内には写真に見える柱が2本しかありません。でも耐震ランクの最高等級を取ることができます。【ちゃんと計算し、証明書も取得します】室内に柱がないということは、室内は大空間が取れることと、中身は今後必要になったときに、いくらでも変更が可能ということです。ここに壁があって、この壁は取り払えません、ということがないということです。これって実は凄い有利なことなんです。100年持つ家はありますが、大事なのは使い続けられるかどうかってことです。使い続けられたら空き家にはなりません。是非このモデルハウスの今後にご注目ください。
  • 2017.02.23/スタッフ時々日記 

    出雲の海岸線が「日本遺産」申請へ

    出雲市が21日、絶景の夕日を望める大社町の稲佐の浜や日御碕地区の海岸線を中心としたエリア、関連の文化財を「日が沈む聖地出雲~神が創り出した地の夕日を巡る~」として文化庁に日本遺産認定を申請したそうです。4月下旬に決定されるようですが、認可されると良いですね。出雲大社の神門通りが整備され、名所となっていますが、海岸線も是非。海岸線もきれいに整備され、ヒトが集う観光名所となってくれることを、地元の人間として切に希望しています。
  • 2017.02.16/スタッフ時々日記 

    大山が綺麗に見えると・・・

    今日は平田の現場で敷地調査を行いました。現場から雪を被った大山がキレイに見えました。ただ大山がキレイに見えると、次の日の天気は崩れることが多いとか。こうした言い伝えは当ることが多く、先人たちの知恵、慧眼にはいささか脅かされます。家にまつわる知恵は諺にも色々あります。家は夏を旨とすべし、起きて半畳、寝て一畳、こうした先人たちの考えた諺をかみ締めてみるとまた家づくりの際にあらたな発見があるかもしれませんね(^^♪
  • 2017.02.15/現場報告日記 

    まだ雪が残る松江で

    松江はまだ雪が深く残っている地域が多いですね^^; なかなか天候が安定せず外壁の工事をするタイミングが難しいですが、内部は着々と工事進行中です。まだ足場が取れず全容が見えませんが、このお宅の外観もカッコいいんです(^^♪ 全体が見えるまでもう少しお待ちくださいね(^^)
  • 2017.02.14/現場報告日記 

    建て方process

    モデルハウスの基礎打ちを行いました。見てのとおり、基礎はフラットです。立ち上がりがありません。この建物の特長は耐震等級最上級が外周壁のみで確保されていること。プラットフォームと大黒柱によって生まれる室内空間なので将来間取りの変更があっても、耐震性能は変わりません。自動車や航空機と同じモノコック構造の建築プロセスです。