TEL : 0853-23-9381

/2020年4月



  • 2020.04.28/現場報告日記 

    内装仕上げ工事の真っ最中です

     

    市内で進行中のこちらの新築のお宅では、
    ただいま内装仕上げ工事の真っ最中です。

     


    一見地味な作業ですが、良い下地をつくることが、
    良い仕上げのためには非常に大切です。

     

    職人さんたちによる、丁寧な仕事がなされています。

     

  • 2020.04.24/スタッフ時々日記 

    平屋の住まい



    『藤原の木の家』施工実例

    これから老後を迎えるご夫婦の、小さな平屋の住まい。

    縁側を設けており、心地よい日向を感じることのできる
    開放的な造りとなっています。



     


  • 2020.04.21/スタッフ時々日記 

    自然素材の家が良い『3つの理由』

    「自然素材の家」が健康に良いといわれる理由には、以下のものがあります。

     

    ■木はストレスや疲労感を軽減させる

    ■日本の気候に適した調湿機能が期待できる

    ■化学物質による健康被害のリスクを抑えられる

     

    自然素材の大きなつよみは、そこに住む人のストレスや疲労感を軽減し、安心感や心地よさを与えるという点です。

    また、無垢材や珪藻土などの自然素材は、適度な調湿作用があります。

    「夏はジメジメ・冬はカラカラ」と、寒暖差だけでなく湿度の差も激しい日本の気候の中で、

    湿度もある程度安定させてくれる自然素材の調湿効果は、健康面においてもプラスとなる大きな

    ポイントです。

     

    化学物質による健康被害のリスクを抑えられる、という点では、

    素材を活かし、加工を最小限にしているからこそ、

    他の素材に比べて、科学物質がゼロ、あるいは少ないという点も自然素材が健康に良いと考えられる理由のひとつなのです。

     

    このことからも、健康を害するリスクを極力低く抑えられる自然素材は、

    快適な暮らしにもってこいだといえます。

     

     

     
  • 2020.04.14/現場報告日記 

    外観お目見え

    出雲市内 S様邸の足場が外れ、外観が見えるようになりました。

    赤や青の窓枠がアクセントとなり、

    淡いブルーグレーの板壁・白の外壁に映えますね。

    外壁にはレンガも使用し、異なる外壁材でありながら調和のとれたオシャレで素敵な外観となっています。
  • 2020.04.08/現場報告日記 

    左官職人さんによる仕上げ

    こちらの現場では、左官職人さんたちによる外壁の左官の仕上げが行われています。

    左官とは、建築現場において塗り壁などを塗る職人さんのことをいいます。

    塗り壁の材料は、土系のものがあったりセメント系のものがあったりしますが、

    固まらないうちに壁などを塗り、綺麗に仕上げなければならず、

    非常に技能が必要とされる、日本の伝統的な家づくりに欠かせない職業です。

     

    こういった素晴らしい技能をもった職人さん達の手によって、

    素敵な家づくりがなされています。

     

    私たちの何気ない暮らしの中にも、

    職人さん達のさまざまな技術が息づいています。

    家や、オフィスやレストランなど、身近な建物にある職人の技を探してみてはいかがでしょうか?

    新しい空間の楽しみ方が見つかるかも知れません。