TEL : 0853-23-9381
現場報告日記

  • 2018.06.05/現場報告日記 

    梅雨入り

    中国地方の梅雨入りが発表されました。憂鬱な時期のスタートです^^; 先日、棟上げを行ったこちらの現場では屋根の板金工事が進められています。作業中にもポツポツと雨が降り出しましたが、防水は万全。工事着工から棟上までは割りと早いですが、ここから竣工までは時間がかかります。上棟の時にはまだ設置していなかった窓ガラス。窓ガラスが着くと、途端に家らしくなりますが、まだまだ3分の1程度。梅雨の鬱陶しさにもマケズ頑張っていきます(^^)
  • 2018.06.04/現場報告日記 

    足場が取れ、仕上げの工程へ

    斐川の現場では足場が取れ、これから内部の仕上げの工程へ移っていきます。ノンクラックの外壁はやはり見た目が美しいです。塗装された木部とよく合います。ここに外溝を加えるとさらに見た目は倍!出来上がりが楽しみです(^^♪
  • 2018.05.31/現場報告日記 

    鳥居

    先代より親交のある神社さんから鳥居の建て替えを拝命しました。クレーン車が入らない場所で簡単な工事ではありませんでしたが、神様のご加護もあり、無事に建て方を終えることが出来ました。神社さん、氏子さんのご繁栄を祈念しておりますm(__)m
  • 2018.05.29/現場報告日記 

    30年単位で考える

    こちらの現場は基礎が終了し水道の配管工事が進みます。最近の新築はスケルトン(躯体)とインフィル(内部)を区別して建築するという考えを取り入れています。躯体を100年持つように頑丈に創り、内装は将来のリフォーム等のことも踏まえ、分離して考える。こうすることで、将来の間取りを変更しやすくなったり、設備を更新する際も工事がしやすくなります。このスケルトン・インフィルという考えは地域に根ざしていく工務店だからこその考え方だと思います。建築して終わりではなく、その建物が長く住まい続けられるように・・。水道管も将来、水周りをリフォームする際に、対応しやすいように考えて工事を進めています。
  • 2018.05.28/現場報告日記 

    外壁塗装が終了。もうひと頑張りです!

    こちらの現場では外壁塗装が終了し、間もなく足場が解体されます。大工工事が間もなく終了し、内装、仕上げ、外構工事の工程へ進んでいきます。あとおよそ一ヶ月で竣工(^^♪ 内部の造作もとてもステキな感じの仕上がりになるハズ。お施主さまと打ち合わせに打ち合わせを重ねてきた成果。竣工が今から待ち遠しいです(^^)